銀座カラーで施術当日生理になった場合どう対処する?

銀座カラーの当日における生理への対応について

完全予約制の銀座カラーの場合、数か月先の施術を予約します。すると施術当日にあいにく生理になってしまうこともあり得ます。銀座カラーでは、基本的に生理中であっても脱毛の施術は行えます。ただし例外もあって、VIOとヒップの脱毛は中止となりますので注意しましょう。もしVIOとヒップを含めた全身脱毛などのセットメニューを利用しているのであれば、VIOとヒップに関しては別日に振り分けられる形になります。もし生理と分かったのであれば、できるだけ早く施術日の変更やキャンセルをすることです。当日だと当日キャンセル扱いになりペナルティが発生してしまうからです。ほかの部位なら施術は受けられますが、生理中は通常と肌の状態が異なります。普段大丈夫でも施術の刺激で肌トラブルを起こす可能性もありますので、できれば別日に変更したほうがいいでしょう。

生理当日ピルを飲んでいると銀座カラーで施術できる?

生理中にピルを服用している人も多いでしょう。ピルを服用することで女性ホルモンの急激なバランスの変化を抑制でき、月経前症候群を軽減できるといわれているからです。もし生理前にピルを服用している場合、銀座カラーの施術が受けられなくなりますので注意しましょう。銀座カラーはピルをはじめとしてあらゆる薬を服用している状態での施術を認めていません。薬を服用している状態で脱毛の施術をすると、思わぬ副作用が起こる可能性もあり、安全性を保証できないからです。ただし低用量ピルを毎日服用している場合、その処方をしている医者から「脱毛をしても問題ない」という許可がもらえれば施術を受けられます。

生理当日銀座カラーで施術を行う場合の格好は?

通常銀座カラーでは脱毛を行う前にサロンの用意した紙ショーツに着替えてもらって施術を行います。しかし生理中の場合には、自分のショーツの状態で施術を受ける形になります。脱毛の施術ではあおむけで行われることも多いです。そうなると経血の漏れが起きる恐れもありますので、ナプキンではなくてタンポンを装着しておいたほうが安心でしょう。また経血の汚れやにおいは担当するエステティシャンにも影響が出ますので、前もって「今日は生理なので…」と担当スタッフに伝えておくことがエチケットと思っておきましょう。もし不安があれば、生理になった時点で予約のキャンセルをしたほうが安心です。

参考:脱毛サロンで高い人気の銀座カラーの3つの特徴を紹介